直接的でないクレジットのやり方は容易です。カードによって直接支払えない販売品をダイレクトに取引するというやり方ではなく、直接商品を買わずに取り寄せすればより得策です。概略が簡単なためまずはじめに金券の例を駆使して話してみようと思います。モデルとなる人物が有名なバックを使いたいとそれを見ています。その素晴らしい服を取り扱っている所ではクレジットカード払いが出来ません。けれどもDiners clubなどの券を利用すれば買う事を許可してくれるといいます。なのでとある人物はクレジットカードを使用してギフトカードを注文する事が可能なギフトカードを売っている店舗に足を運びクレジットカードを用いてJCB、NICOSなどののギフト券を取り寄せしてみます。そのあと用いたクレジットカードを利用して買い付けたJCB、American Express、NICOSなどのギフトカードをお店に持参しておもむき、買いたかった価値のある財布を買ったとします。「なんで商品券で購入した女性はそうした手間がかかるやり方をしてるの?」と思われるかもしれませんが、実際今話した手法を使うと通常だったら獲得する事はないクレジットポイントがもらえます。普段通り、お金を払って有名な銘柄のアクセサリーを注文したとした場合カードポイントは貯まりませんしVISA、MasterCard、Diners clubなどののギフト券を現金で取り寄せした上で活用しても獲得できません。けれども解説した状況であるならMasterCard、NICOSなどの商品券をクレジットカードで注文したという根拠により、素晴らしいバックを取り寄せした状態とつりあうような数だけクレジットカードポイントが得られるようになるのです。こういうケースが直接的でなくカードローンを利用した状態になるという理由で、直接でないカードと銘打たれている手法です。